×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004.8.16 第26回瀬戸田町夏まつりにて「海の豊饒-しまなみ海道に寄せて-」公表会

 「第26回瀬戸田町夏まつり」でしまなみ地域の和太鼓曲「海の豊饒-しまなみ海道に寄せて-」の完成を受けて、演奏発表を行ないました。
広島・愛媛両県のしまなみ地域の和太鼓団体のみなさん43名が、会場に集まった2万5千人を前に、鉦や太鼓を抱えて『しまなみ巡幸』を演奏しながらの入場に続き、迫力満点の『海の豊饒』の演奏しました。
呼吸がぴったり合ったバチさばきに、曲が途中であるのにもかかわらず、会場から期せずして拍手が沸きあがるシーンもありました。
アンコールでは、作曲者である林英哲氏、風雲の会のみなさんと競演し、さらにすばらしい演奏を見せてくれました。


<参加協力団体>
尾道ベッチャー太鼓保存会・備後かわち太鼓・子ども龍王太鼓
因島村上水軍陣太鼓保存会・水軍姫太鼓・太鼓集団 島衆
島本陣岩城太鼓・弓削六鼓人・喜多浦八幡太鼓育悠会
能島水軍太鼓保存会・来島水軍狼火太鼓・菊間太鼓保存会鼓菊連

しまなみ海道沿線の太鼓団体43名による
「海の豊饒-しまなみ海道に寄せて-」の演奏。
迫力満点!!
2万5千人の観客も
息の合った演奏に聞き入っていました。
アンコール演奏後、林英哲さん、風雲の会のみなさんと記念撮影。
お疲れさまでした。

※この画像は、クリックすると拡大画像がご覧になれます。
元のページに戻る  ▲HOMEに戻る